軽自動車を購入するメリット

私は軽自動車を購入して3年になります。なぜ軽自動車にしたかというと、3人家族であり、割と街に住んでいるため、小回りが利く軽自動車が望ましいと考えたからです。税金や燃費の面から維持費が安いことも購入した理由の一つです。私が購入したのは、新古車を扱っているところです。

軽自動車と言えども最近はけっこう人気があり、新車での購入になるとそれなりに費用がします。人気なものでは170万円ほどしたりします。また、一口に軽自動車といっても大きさに違いがあり、軽自動車の中でも小さいタイプ(ミニカ、ミラなど)、中ぐらいのタイプ(ワゴンR、など)、大き目タイプ(タントなど)があります。小さめタイプのメリットは車体価格が安いこと、燃費がいいことですが、デメリットとしては、車体が低く、乗りにくいことが挙げられます。

大き目タイプはその逆になり、車体価格が高いが、乗りやすいということが言えると思います。中ぐらいのタイプはその中間になります。どれがいいかは、その人の用途により異なり、家族が多い場合や荷物を載せることが多い場合は大き目タイプが合うのでしょうし、二台目としてできるだけ安く、小回りが利き運転しやすいものを選ぶとなれば、小さ目タイプとなるでしょう。ちなみに私の場合は中ぐらいのタイプを乗っています。ほどほどに乗りやすく、燃費も悪くなく気に入っています。

最近ニュースになった燃費の不正問題で、売上は落ちていると聞いていますが、実際には燃費は公表されいるものよりはかなり落ちるものです。安くなったらここをチャンスととらえるのもよいかも知れません。