現在では、自動車の燃費に関する性能が向上し始めているのではないかと考えられています。多種多様な方法で燃費の向上が図られるようになってきており、車を少ない維持費で利用できる可能性が高くなることや、環境に配慮して運転できることにも繋がっています。燃費性能が向上することで得られるメリットは非常に大きなものとなることが予測されていることから、ドライバーの大半から良い傾向のひとつとして認識されていると言えるのではないでしょうか。

最近では、非常に燃費性能の優れた車も多くなってきているのではないかと思います。かつてに比べて少ない燃料消費で長距離移動ができるようになったことが、最大の要因として取り上げられていると推測されています。新たな技術が積極的に導入されるケースも複数の自動車メーカーで見受けられていると考えられていることから、断続的に燃費の良い自動車が作られていると言えるでしょう。
今後も自動車に備わる燃費の性能は、更に高い水準に至ることが予測されています。

現在よりも多くの地域で自動車が普遍的に利用される可能性が高いと見込まれているため、これまで以上に燃費の良い自動車に対する関心や興味が強くなるのではないかと考えられています。また、環境に配慮した車に乗りたいと希望する人々からも、このような特徴のある自動車への評価は高くなっていくと考えられており、より多くの世帯で車が普及することにも繋がっていくのではないかと思います。