カテゴリー: 憧れの新車

岐阜市の車買い取り業者の複数査定を受けてトヨタコースターを高く売却

新しい車に乗り換えするために、トヨタコースターを岐阜市の車買い取り業者に売却しました。
無料の一括査定サイトを利用し、相場は206万円と提示されました。
ただ、相場には大きな開きがあり、その差は40万円以上にもなるのです。
最高額の業者は230万円だったので、この業者に売ることに決めました。
ネットを使えば簡単に相場を調べられますが、相場というのはあてになりません。
今回、複数査定を受けてみてそれがよくわかりました。
最低額と最高額の差があるように、複数業者の平均値が相場なのです。

ネットの一括査定を受けたあとは、最高額の業者と出張査定の日程交渉をします。
ここで必要書類の用意を告げられて、万全の準備で査定に臨みました。
出張査定では金額を下げられることが多いと聞きますが、当初の予定どおり230万円で買い取りしてもらえました。
丁寧に乗っていたので、マイナスポイントはつかなかったのでしょう。
洗車・ワックスがけもこまめに行っていたので、外観がよかったのも大きいかもしれません。

査定士の話によれば、車は早く売却するほど高値がつくそうです。
今回の売却でも、タイミングが遅れれば今より安くなっていたと思います。
あとは複数査定を受ける大切さも実感し、1社では高額査定は出ないと感じました。
運よく岐阜市内にある車買い取り業者の中で一番高額査定してもらえる業者に遭遇すればよいですが、その可能性は低いでしょう。
次回、車を売却することがあったら、また一括査定サイトを利用したいと思います。

自動車の燃費性能の向上

現在では、自動車の燃費に関する性能が向上し始めているのではないかと考えられています。多種多様な方法で燃費の向上が図られるようになってきており、車を少ない維持費で利用できる可能性が高くなることや、環境に配慮して運転できることにも繋がっています。燃費性能が向上することで得られるメリットは非常に大きなものとなることが予測されていることから、ドライバーの大半から良い傾向のひとつとして認識されていると言えるのではないでしょうか。

最近では、非常に燃費性能の優れた車も多くなってきているのではないかと思います。かつてに比べて少ない燃料消費で長距離移動ができるようになったことが、最大の要因として取り上げられていると推測されています。新たな技術が積極的に導入されるケースも複数の自動車メーカーで見受けられていると考えられていることから、断続的に燃費の良い自動車が作られていると言えるでしょう。
今後も自動車に備わる燃費の性能は、更に高い水準に至ることが予測されています。

現在よりも多くの地域で自動車が普遍的に利用される可能性が高いと見込まれているため、これまで以上に燃費の良い自動車に対する関心や興味が強くなるのではないかと考えられています。また、環境に配慮した車に乗りたいと希望する人々からも、このような特徴のある自動車への評価は高くなっていくと考えられており、より多くの世帯で車が普及することにも繋がっていくのではないかと思います。

軽自動車を購入するメリット

私は軽自動車を購入して3年になります。なぜ軽自動車にしたかというと、3人家族であり、割と街に住んでいるため、小回りが利く軽自動車が望ましいと考えたからです。税金や燃費の面から維持費が安いことも購入した理由の一つです。私が購入したのは、新古車を扱っているところです。

軽自動車と言えども最近はけっこう人気があり、新車での購入になるとそれなりに費用がします。人気なものでは170万円ほどしたりします。また、一口に軽自動車といっても大きさに違いがあり、軽自動車の中でも小さいタイプ(ミニカ、ミラなど)、中ぐらいのタイプ(ワゴンR、など)、大き目タイプ(タントなど)があります。小さめタイプのメリットは車体価格が安いこと、燃費がいいことですが、デメリットとしては、車体が低く、乗りにくいことが挙げられます。

大き目タイプはその逆になり、車体価格が高いが、乗りやすいということが言えると思います。中ぐらいのタイプはその中間になります。どれがいいかは、その人の用途により異なり、家族が多い場合や荷物を載せることが多い場合は大き目タイプが合うのでしょうし、二台目としてできるだけ安く、小回りが利き運転しやすいものを選ぶとなれば、小さ目タイプとなるでしょう。ちなみに私の場合は中ぐらいのタイプを乗っています。ほどほどに乗りやすく、燃費も悪くなく気に入っています。

最近ニュースになった燃費の不正問題で、売上は落ちていると聞いていますが、実際には燃費は公表されいるものよりはかなり落ちるものです。安くなったらここをチャンスととらえるのもよいかも知れません。

好きな車はヴォクシー!

私はヴォクシーが好きである。理由はいたって簡単。子供とドライブに行きたいだけ。なんとなくファミリーカーと言えばヴォクシーというイメージがあるのだがじつ(笑)実際に乗ってる車はシエンタ。その前はスペード。その前はヴォクシー。あ、ヴォクシーあるじゃないとなるんだがとても残念なことに引っ越して車庫に入りにくくなり妻が運転難しくなって乗り換えとなったわけだ。

実に残念としか言いようがない。では今乗ってるシエンタが良くないかと言われるとそんなこともなくとても運転しやすい車である。別の車に乗ってわかったのだが運転のしやすさはとても大事。運転そのものは苦手ではないがもし万が一を考えて極力避けている私としては車の運転のしやすさは重要なことが良くわかる。

シエンタの良いところはコーナーリングがとてもスムーズでサスペンションも良いのだろうがガタンガタンとなりにくい。小さい子供にはとても寝やすいのだろう。長男も次男もいつもグッスリだ。旅行に行っても景色見ずによだれ垂らして寝てるなんて当たり前である。思うに子育て中の奥様がいらっしゃる家庭で今から車の購入を考えているならシエンタはオススメだ。事故を起こしにくいと個人的には思う。前が見やすい。サイドもとても見やすい。コーナーリングが柔らかくてガタンガタンしない。

さらにハイブリッドなら静かさも付いてくる。燃費も良いのでガソリンも減らないと来たもんだ。奥様方。もし、夫が車考えてるならシエンタ良いですよ。私も妻に押されて買った口ですから(笑)

乗りたくてようやく購入した憧れの車

私は今トヨタのハリアー(ACU30W)に乗っています。学生の頃から「カッコイイな」と思って自然と憧れの目で見続けてきた車です。
16歳の時に自動二輪の免許取得のため通っていた教習所。そこの教官がハリアーに乗っていました。当時から車が好きだった私は「SUVなのにエアロ付けてローダウンして・・・全然オフロード向きではない」と思って教官に聞いたら「上品に乗りこなすこともできるのがSUVだよ」と教わりました。自分もその言葉に惹かれるように上品に乗りこなしたいとの思いが生まれてきました。
その後自動車免許も取得してボコボコのサーフに乗っていました。カッコよさはあったと思いますが、大人っぽく上品に乗れているとは思いませんでした。社会に出てようやく自分の給料で自分の乗りたい車に乗れると思い、トヨペットへ行きました。あれも付けてこれも付けてとやっているうちに見積金額が400万を超えていました。あまりに高額すぎて中古にしようと検討しました。しかし自分が欲しいタイプ、パールホワイトでサンルーフ付きというものがなかなか見つかりません。

憧れのまま終わってしまいそうでしたが、ハリアーがレクサスへ完全移行という情報を聞きました。もう一度自分で色々検討、試算しました。ナビ・マット・エアロはネットから購入して友人に協力してもらいながら取り付ける、ホイールは標準のままなど自分でやれることは自分でやり、妥協するところは妥協するようにしました。その結果総額320万で抑えることができると分かり、何とか購入できることになりました。

ハリアーを購入して早6年。現在は結婚して子供もいますが、まだまだ乗るつもりでいます。妻も「苦労して乗りたくて買った車なんだからいいよ」と声をかけてくれたり子供も「父ちゃんの車カッコイイよね」と言いながら洗車を手伝ってくれたりします。憧れの車を大切にしてこれからも家族と楽しい時間を共有したいと思います。